いつものメモ
スポンサーサイト



2019.09.15 Sun l メモ l COM(0) TB(0) l top ▲
いかにして開き直るかという本かと思ったら
全然違う内容でした。

起きたことは笑うしかない!

浅草で育った芸人の生き様というか、
当時はこんなんだったよ的なことがメイン
笑いがメインと見せかけてだからこういうことが必要とか
そういう押しつけがましいのは一切ない。
それだけにこのタイトルはなんか違うなと思える。

本当に芸人と浅草のフランス座?について
エピソードをまとめただけという感じなんだよな。
読ませるという感じでもないのに
すらすら読めてしまうなんか不思議な1冊だったりする。
2019-59
2019.09.14 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
久しぶりに新書読んだ気がする。
一応今年に入ってから何冊かは読んでるはずなんだけどね。

世界が変わる「視点」の見つけ方 未踏領域のデザイン戦略

視点の見つけ方というよりは作り方という感じがした。
前半は著者が大学でやってる講義と
その成果の紹介で
後半がメインというか視点を見つけるということにおいて
必要ないろいろを気ままに書いてるという感じ。

真面目に書いてるんだろうけど
真面目というより気ままに書いたように見える。
これ自体が独自の視点のなせる技なんだろうな。
まぁ、最初からこのノリだったら途中で読むのを辞めてそうだが……。

結局のところ、今までのアイデア論から
大きくはみ出てるわけじゃないので真新しいことは書いてないんだよな。
まぁ、この手の理論は出尽くしたという気がしてるので
しょうがないような気もするんだけどね。
タイトルから一歩踏み込んだイメージを想像してただけに
やっぱりこういうのかという気がしてしょうがないんだよな。
2019-58
2019.09.11 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲

800

このブログに読んだ本の記録をつけるようになって
800冊目ですね。
意外と続くものなんだな。

吸血鬼に天国はない

運び屋の人が吸血鬼の少女と一緒に生活するようになって
いろいろなことに巻き込まれていく話……。
ちなみに吸血鬼はわりと正統派というか
かなり伝承に忠実な感じなんだけど
実際あれは一番有名な吸血鬼の特徴だとかで
当てはまらない吸血鬼のほうが多いとかなんとか……。

で、こういう展開だと絶対黒幕とか真犯人がいると思うじゃん。
いないんだよな。これが……。
ただあの子が勝手にやってただけっていうのは、
無理ありそうな気がするんだけどね。
最後まで黒幕の存在を疑っていただけに
軽く肩すかしをくった気分でした。
2019-57
2019.09.08 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
別に脱がせてるわけじゃありません。
ただあっちよりあのタイトルが似合ってるなとか思った。

妖精狙撃 エルフ・ウィズ・サイレントアサシン

そんなわけで狙撃でエルフを殺す話。
一応ターゲットは悪いことをしたエルフだけっぽいけど
どう見ても見た目的にはアグネータのほうが悪い子に見えるんだよな。
実際の世界でも本当に悪いことをしてる連中は
それを隠すのもうまいというからそんなものなのかもしれないけど……。

しかしあとがきで作者がこの組み合わせはないと言ってるのをみて
軽く違和感を覚えた。
エルフ×狙撃銃の組み合わせ、
絶対どこかで見たことあるんだよな。それも複数の物語で……。
これが異質の組み合わせに見えないのは
感覚がどこか壊れてしまってるんだろうか?
2019-56
2019.09.07 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->