--

読み始めてすぐあいつらと別れてなかったのかと思った。
たぶんもう前巻のことは完全に頭から抜けてるんだろう。

吸血鬼に天国はない(3)

そんなわけで三巻目だというのに続き物って感じがしない話
前巻で脱獄した某死神さんが
ルーミーが生まれた経緯と同じことをして
あることをしようとする話。

でも否定されるだけで野望が潰えるってある意味空しいというか
これだったらむしろ生まれる前に消えそうだと思った。
そしてそれぞれ別のラインからアプローチする
線が交わるところがなかなかいい感じでした。
こういう流れは結構好き。
2020-37
スポンサーサイト



2020.06.24 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
カッターを使ったほうが早くて正確にできる作業を
ノコギリを使ってないから手抜きというのは
あきらかに間違いであると思う。

このソフトを使うことになってるから
という理由でどんな些細なこともそのソフトを使わされる憂鬱
使わないほうが早いのは分かってるのに
使わないと手抜き扱いされるという罠。

できあがってくる物が同じなら
手抜きもくそもないと思うんだけど……。
融通が利かない人はどこにでもいるものである。
2020.06.23 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
社畜っぽさが感じられないのは
気のせいだろうか?

転生した社畜は異世界でも無休で最強へ至る

社畜ってもっと意味不明な義務感や同調圧力に晒されてる
っていうイメージがあるんだよな。
これの主人公はなんていうか多趣味でいろいろやってて
休んでる時間がないだけに見える。
つまり自分の趣味のために時間を使ってるので
ある意味健全な気がしている。

転生後も社畜精神を引きずる意味はないから
これはこれでありなんだけど、
だったらこのタイトルなんとかならなかったのかな?
そんなことを感じてました。

話としてはよくある転生チートなんだけどね。
それも清々しいほどにストレートなやつでした。
2020-36
2020.06.15 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲

--

そういえばあの娘、1巻だと登場人物一覧に出てたのに
本編ではほとんど絡まなかったっけ。

転生王女と天才令嬢の魔法革命2

ということであの子に焦点が当たる話かと思いきや
馬鹿な弟が馬鹿やる話でした。
前半空気だったわりにやけに存在感があるんだよな。
あの感じだと、あの子いなくても道踏み外してそうだな。
そんな子だけに最後の処分が軽いんじゃないかと思えるんだよな。
王族としては、この上なくひどい処置なのかも知れないんだけど……。

そしてなんだかんだで1巻から残ってた問題も含めて
終わったという感じですね。
うん、きれいにまとまっている。
2020-35
2020.06.09 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
ようやく髪切った。
鬱陶しくてしょうがなかったんだよな。

そろそろ行こうかなと思ってたときに
緊急事態宣言&外出自粛要請のコンボ
そして先週も行こうとしたが
あまりの混み具合に引き返して来ました。
そして今週ようやくようやくようやく髪切った。

たぶん放置期間も過去最長。
いつにもましてすっきりした気がする。
2020.06.07 Sun l メモ l COM(0) TB(0) l top ▲
-->