すでに知ってる人4人
バレかかってる人6人?

榮国物語 春華とりかえ抄 六

前巻のラスト莉珠が双子の入れ替わりに気づき
今回は海宝が……。という流れ。
そろそろ隠し通せなくなってきたかなという感じの六巻目でした。
このぶんだと大々的にばらされる日もちかそうだな。

で、今回は以前嵌めた2人が出てきて
あらためて裁判するという話だったんだが
これ、法律もくそもなくない。
最後は情に訴えて勝利したようなものだし
これある意味あっちの国の裁判では……。
小説だから許される。そんな流れでした。
2020-5
スポンサーサイト



2020.01.18 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
今年に入ってからラノベのことしか書いてない気が……。
いや一応申し訳程度のは他のことも書いてたけど……。

吸血鬼に天国はない(2)

前巻に引き続きルーミーとシーモアの同棲生活の中で
適当なことに巻き込まれていく流れ。
今回はアレのせいで同棲って感じしないけど
それがあって2人の関係はちょっと近づいたという感じかな。
すでに一蓮托生みたいなところはあるんだけどね。

で、今回いい味出してたのが吸血鬼狩りのおじさん。
最初名前が出てきたときはなんかの重要人物かな程度に思ってたが
あそこまで壊れた人だとは思わなかった。
不要なものを気が狂ったように継承されたら
ああなるものなんだろうか?
そんなことを感じた。

その一方で自称姉妹の2人はなんだかなという感じだな。
あのおっさんと遭遇させるために必要な存在とはいえ
それ以外は割とどうでもいいかなと思ってしまった。
2020-4
2020.01.10 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
壊れてる人って見てて気持ちいいものがある。
まぁフィクションの中限定でだが……。
リアルのほうだと嫌すぎるし……。

暴食妃の剣Ⅱ

宗教団体といえばたいてい壊れてるものだが
今回出てきた連中はその中でも頭一つ抜けてる。
戦闘中の台詞がいかにも気狂いって感じで……。
こういうのが一人くらい出てくる話は結構あるんだが
それが集団になってるというのはなかなか壮観でした。

で、今回はその宗教団体との戦いがメインで
軍はいつも通り裏で暗躍してるという感じですね。
っていうか、この世界の軍ってなんかセコいな。
あの魔導佐とかいう人だけなのかもしれないけど……。

そして橙髪の男が……。
某所に出てた資料には名前らしきものがあったから
てっきりもっと出番があるかと思ったら
最後にちょっと出てきただけだったな。
こいつもこのあと、どう絡んで来るか気になるところである。
2020-3
2020.01.08 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲

--

表紙見て違う本だと思った。
ロゼって表紙飾ったことってあったっけ?
そんな感じの短編集

アサシンズプライドSecret Garden2

今回はキャラごとに話が分かれてたのでキャラ別に……。

メリダ
まぁ、奇をてらってるように見えて割といつもどおりみたいな感じ。
この2人だとどう考えてもああいう風にしかならないんじゃないだろうか。

エリーゼ
ロゼと2人のときは、やっぱり違うんだなという感じ。
あと、この話でクーファが使った能力
本編で使ってたらロゼの動向とか気にならないんじゃないだろうか。
簡単に敵情視察とかできそうだし……。
戻るのは簡単じゃないかもしれないけど……。

サラシャ&ミュール
これもなんというかいつも通りにしか見えなかった。
この2人セットになるといつもこんな感じな気がする。

ラクラ・マディア
この話が一番良かった。
あれがなくなるだけであそこまで感情豊になるとは……。
でもあれくらいが年相応だったりするんだよな。
普段が普段だけに忘れかけていたけど……。

こんな感じでいい感じにまとまった1冊でした。
何科忘れてる?きのせいだろ。
2020-2
2020.01.07 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
去年は結局80冊にも届かなかった。
年間100冊を続けていただけにひどい終わり方したなと思った。

ある日から使えるようになった転移魔法が万能で生きるのが楽しくなりました

タイトルほどの万能感もなければ
主人公が楽しそうという気もしない。
どっちかというとひたすら振り回されてるというのが正しい気が……。

そんな感じで何の前触れもなく唐突に使えるようになった
転移魔法で人生変わりました的な話のはずなのに
なんかタイトルに違和感を感じてしまうんだよな。
ヒロインっぽい2人が強引なところがあるせいかな……。
今は2人がまだ出会ってないけどこれが出会ったりした日には……。
と考えるとわりとこの後ひどいことになりそうだな。
片方しかいなくてもあれだけ振り回されてるわけだし……。

2020-1
2020.01.06 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->