ラノベにしては、少し重い話。
この作者の場合は前作もそういうところがあったけど……。

滅びの季節に《花》と《獣》は 〈上〉

支配者と奴隷の歪な恋。
そして正体を明かせそうで明かせないもどかしさ。
この辺、少しイライラするけど
これなくなると話成り立たないよな。という感じかな。
あそこまでやればバレそうなものだけどその辺はお約束なのか……。

虫が出てくるまでは、割とのほほんとしてるんだよな。
そういう話かと思ってたらいきなりアレだから
その辺はちょっとびっくりした。

それにしても最後あんな終わり方で続くのか。
どう考えても救いがなさそうなんだが……。
2018-13
スポンサーサイト
2018.02.12 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
もしかしてこのタイトルは
齢と弱いを掛けてるのか?

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定 ~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~

いわれなき汚名を押しつけられたドラゴンの話
というよりは、生贄さんのほうがメインなのかも……。

日本が戦後100年も立っていないのに
戦時中に慰安婦にひどいことをしたと認定されてることを考えると
5000年生きてるドラゴンがどんな噂をされてようと驚くことでもないと思う。
それを事実だと思い込み
その思い込みだけで突っ走ってしまった生贄のレーコがいい感じでした。
実際、最初の狼を蹴散らしたところで
変なツボに入ってしまい新幹線の中で笑ってしまった。
思い込みであそこまでやってしまうとある意味清々しいです。

やっぱり主役はこの子だよね。
少なくともヒロインとかそういう生やさしいポジションでないことは確か。
中心にはいつもこの子がいて
まわりは、それに振り回されるという感じ。
こう書くと昔どこかで同じような話を読んだような気がしてくるんだが
どれもなんか違う気がして、
結局のところこれがこの話の持ち味なんだろうなと今は思ってる。
2018-12
2018.02.10 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
転生というのとは、ちょっと違う気がする。
死んで生き返ったといえば確かにそうなんだけど……。

異世界に転生したら美少女で女城主だった。

そんなわけでタイトルのとおり
冴えない男が異世界に行ったら女城主だったという話。
異性になったというのに順応性が高すぎて
いまいちギャップ的なものがないのが残念。
主人公には、もっと戸惑ってほしかった気がしてしょうがない。
あのシチュエーションで何もしないとか、もう異性である必要どこないもない。
そんなことを初っ端に感じました。
完全に某サイトの影響を受けてるな。

その後、戦争でいろいろやってるように見えて
結局のところシャルロットを操ってるだけ
というかあの女がいなかったら何もできてないという感じ。
変態だけで素直っぽく見えるだけに少し不憫だなと感じてしまう。
次巻があるなら少しは、報われてほしいとか……。
そういうところが主人公より気になってたりします。
あの分だと生きてはいそうなんだけどね。
2018-11
2018.02.06 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
死ねといったら本当に死んでしまう。
確かそんな漫画が昔あったような気が……。

F級討伐屋の死にスキル 「死ね」と言ってはいけない理由は?

やっぱりチート能力ってのは、
それなりの代償があったほうがいいなと思った。
最近読んだ中でもやもやとしてた部分がなんとなく分かった気がした。
そう代償が足りなかったのだ。
やっぱりチートな能力はこうでなくてはと……そんな感じの話。

それにしても顔より装備で覚えられてる主人公って……。
死んだと思われたとき、誰も気づかないってすごいことだよな。
エインも近くにいるはずなのに……。
あのシーンのインパクトは本当にあれだな。
その後の惨劇とかよりよっぽど印象的なところである。
こういうところが頭に残ってるのっておかしいんだろうか?

2018-10
2018.02.05 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
1章から5章までが実例
それをなくすには、どうすればいいかという主張が6章
つまり第6章だけ読めば作者の主張は全部伝わるというところが
ある意味すごいところだったりする。

バカ格差

そんなわけで日本、そして世界には
こんな格差があるよという話。
そしてその格差をなくすには……って書いてあるけど
ある程度の格差は必要悪みたいなものだと思うんだよな。
これくらいならあってもいいとかそう考えられるのも
いくつかあったりするのでそこまでは……という気になるんだよな。

結論については、ほとんどは同意できるんだけど
外国と比較せよというのと自分の軸を持て
っていうのは、なんか微妙に矛盾してる気がして
そこだけもやもやする。
2018-9
2018.01.28 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->