封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    終わり?

    なんかすごく未練たらしい終わり方。
    さすがにこれでシーズン1終わりというのはちょっと……。
    せめて魔王との決着くらいは、ちゃんとつけるべきでは……。

    迷宮料理人ナギの冒険3 ~開かない窓の向こうの故郷~

    そんなわけで3巻目にしてこの上ないひどい話が来た。
    内容がというか話自体がいろいろとひどい。
    まさにどうしてこうなったという感じですね。

    魔王に好き勝手やられたあげく
    無理矢理現代日本に連れてこられて終わり。
    再会とかそういう感動も何もあったもんじゃない。
    そもそも日本に戻ろうなんて話は最初からなかったはず。
    本当に最後の最後で何やってるんだよ。
    こんなん書いてたら打ち切られるのも当然な気がする。
    2018-52
    スポンサーサイト

    バレテーラ

    あっさりばれるのがおかしいのか
    今までばれなかったのがおかしいのか
    微妙なところである。

    榮国物語 春華とりかえ抄 三

    相変わらずの姉視点で、弟の影の薄さが……。
    まぁ、今回はがんばったところもあるんだけどね。
    でもあくまで、脇役の域を出ない活躍。

    というわけで敵方にいろいろばれる話。
    この流れだと城取り返したときに
    味方にバレてもよさそうな気がする。
    海宝とか莉珠とかは、知ってて見ないふりしてるような描写もあるけど
    他の人とかそういうの皆無だし……。

    その一方でとらわれたらあっさりばれるとか……。
    で、結局は疑われつつも元通り的な流れ。
    悪くはないんだけどなんかこれじゃない感が大きい。
    2018-51

    終わり悪けりゃ……。

    何なんだろうね。あの終わり方は……。
    連載漫画の打ち切りエンドっぽいのをこういう本で見るとは思わなかった。

    蒼穹の騎兵グリムロックス ~昨日の敵は今日も敵~

    敵同士だったものが急に同じ学び舎で学ぶことになったが故の
    諍いからはじまり演習で戦うとこまでいく話。
    その裏で暗躍?するわりとばればれな黒幕さん。
    仲違いしながらも変なところで信頼関係があるっていうのは、
    なかなかいい感じなんですけどね。
    最近見てなかっただけになおさら……。

    それだけに最後の終わり方が残念な話。
    ほんと、なんであそこで終わらせるかな。
    唐突に出てきたあとがきにあれ?と思っておもわず2度見した。
    あれはない。

    勝敗ぼかしてもいいからちゃんと後日談やってほしかった。
    演習後だとそれぞれの接し方も変わってくるだろうし……。
    なんていうか一番おいしいところを省略されたみたいで
    一気に冷めた。
    もう一度言う。あれはない。
    2018-50

    原点回帰

    まだ続くんだ。
    5巻がいい感じで終わってたから完結だとばかり思っていた。
    そういえば前作でもそんなことがあったような……。

    あやかし双子のお医者さん 六 雪女と遠い日の約束

    前巻があの内容だっただけに
    今回は原点回帰みたいな感じになってますね。
    復讐とかそういうねちっこい話よりはこういうののほうが
    設定にはあってる気がしますね。
    ストーカー君がナチュラルに精神が病んでるのはアレでしたが……。

    久々に医者やってたり、命のやりとりがなかったり
    懐かしくも新しい感じかな。
    この新しいと感じたところが莉莉の成長だったりするのかな。

    2018-49

    あの子やばいかも

    今回一番出番がなかった娘が
    表紙を飾ってるというのもなんか不思議な感じ。
    でも「奇跡の子どもたち」の誰が来ても微妙な感じがするから
    これはこれでありなのかも……。

    魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった4

    魔族の国とのいざこざをスポーツ?で決着つけようという話。
    こんなことに簡単にのる魔王なら
    話し合いだけで十分解決しそうな気がするけどな。
    賭け事で決着というのはなんだかなという気がする。

    それは、ともかくとして今回はなんと言ってもスフィアだな。
    生まれたばかりのくせにあの圧倒的優位に立って会話する感じが
    異常というかひどいというか、
    ガキじゃなかったらところどころで
    完全に殺されてそうな発言してるなと感じた。気のせいか?
    実際触れられたくないところに容赦なく触れてくるし
    あれ天然でやってたらまじやばいと思う。

    それさえなければ素直でいい子で
    完璧超人2号になってると思うがそれはそれで嫌だな。
    そんなことを感じさせる子でした。いいのか、悪いのか……。

    そして最後に出てきたあの2人が次の敵ですか。
    いろいろ気になるところはあるものの今はまだ何か言う段階じゃないかなと思ってる。
    2018-48