--

タイトルに1ってついてると
あとがきのできたらいいながすごい白々しく見えるんだが
気のせいだろうか?

生まれ変わった《剣聖》は楽をしたい 1 ~最強の《剣聖姫》の護衛になりました~

転生した剣聖が騎士として次期王候補を護衛する話なんだが
転生成分は薄めかな。
最後の戦いでちょろっと出てきた程度なんだよな。
それ以前の戦いの強さは転生だけで説明するのはちょっと無理歩気がする。
せめても少し年いってて体ができてるくらいなら……。

よかったのは剣客衆の性格のぶっ壊れぷり
戦いの中でしか生きられないというキャラは結構見るんだが
それを複数束ねるパターンってありそうでないんだよな。
そういう意味ではいわゆる変態同士のやり取りって
結構新鮮だったりする。

ただ戦闘になると物足りなくなるのは
やっぱり主人公が強すぎるせいか。
一介の騎士のはずなのに騎士団長より強いって……。
強さと統率力は別といえばそれまでなんだけど
ファンタジーだとこの法則はあまり摘要されないだけに
なんか違和感があるんだよな。
2019-72
スポンサーサイト



2019.12.05 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

-

平行世界にいって女体化してるのに
あっさり順応しすぎていてなんか違うというか意味あるの?みたいな感じ

魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった8

迷惑な連中が実力を試すために別の世界に連れて行って
実力を確認するって……。
しかも味方2人を巻き込んで……。
この時点で狂ってるとしか思えない。
覇者の列席って馬鹿なの?

それをきっちり攻略するディックたちもディックたちだけど
これ戻ってこれなかったらと考えるとやっぱりひどい。
で、覇者の列席の人が認めたって言って終わるんだけど
最後まで何様って感じだったな。

それだけにおまけのアディショナルオーダーには
少しだけ癒やされた。
あれがなかったらひたすら不愉快な巻き込まれ話としか……。
2019-71
2019.12.04 Wed l l COM(0) TB(0) l top ▲
今年70冊目、さすがに年間100冊はきついなと思う。
逆に言えば去年までよく続いたなと……。

「面白い」のつくりかた

「面白い」というよりは
いかに魅せるかの方法論と言ったほうがいいかも。
実際面白いと感じさせるより
共感を呼ぶためにどうするかとか
クオリティーを上げるにはどうすればいいかとかがメイン

申し訳程度に使い古された感のある創造論が出てくるんだけど
これはこの手の本なら8割がた出てくることだし……。
こういう方法論の本を一回も読んだことないならともかく
何回か呼んでるとああまたかとか思っちゃうんだよな。

そう思いながらも何度もこの手の本に手が伸びるというのが
一番問題のようなきがする。
2019-70
2019.11.25 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
前巻読んだの今年の5月か。
思ったより間あいてないんだな。

スカルアトラス 楽園を継ぐ者〈2〉

2巻出ると思ってなかったけど
よく考えると前巻の終わりのほうで姉妹がどうのこうの言ってた気が……。
そんな前巻の終わりの後始末のさなかに
紛れ込んだやっかいごとの解決のため外国へ……。
そして行った先で出会うのはある意味お約束かな。

3体目も王族に取り入ってたところを見ると
もしかしてスカルアトラスは全員どこかの王に取り入ってるのでは……。
みたいなことを軽く考えてしまった。

そんな感じの2巻でした。
取り立ててダメなところもないかわり
びっくりするような展開もなかったのでさらっと流しただけみたいな感じになってしまった。
2019-69
2019.11.07 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲

-

2巻と3巻は表紙が逆じゃないだろうか?
何で今頃になってエリィが……。

最強奴隷商の烙印魔術と美少女堕とし3

これも気づいたら三巻目なんだな。
内容はいつも通りクロノスご一行が
国の中枢に乗り込んで女どもを調教するという流れ。
メンバーも増えてますます手に負えなくなったという感じだろうか?
とにかく苦戦らしき苦戦が一切ないというのがいろんな意味でひどい。
そんな感じでいつも通り終わったみたいな感じでした。

よく言えば安定している。悪く言えばワンパターンって感じ。
最後にクロノスの過去がちょろっと語られたけど完全に蛇足
っていうか、打ち切りENDみたいだったな。
あとがき見る前にこれ終わるなと思ったくらいだから……。
2019-68
2019.11.04 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->