4巻目にして作中でタイトルコール……。
Web版だとどこかのガキがつぶやいたのが広まったって感じだったけど
こっちは領主が公衆の面前で……
名前の通り方としては、こっちのほうが自然かな。

千剣の魔術師と呼ばれた剣士4 無双の傭兵は千剣の魔剣を手に入れる

そんな感じの四巻目
Web版でどんどん影が薄くなっていくネーレだが
こっちでは、それなりに出番がありそうだな。
領主の裏にいた人物も関係ありそうだし
こっちはネーレとあの女をメインに据えるということか。

そしてあの魔剣……。
あれが出ちゃうともうWeb版と交わることはなさそうだな。
アルディスが持つと正真正銘のチートになるわけだし……。
まぁ、元々化け物じみた存在だったから今さらっていう気もするけどね。
2019-49
スポンサーサイト
2019.08.06 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
異種格闘技戦みたいなものか。
そして全部持ってるやつが最強と……。

異世界帰りの俺(チートスキル保持)、ジャンル違いな超常バトルに巻き込まれたけれどワンパンで片付けて無事青春をおくりたい。

ジャンル違いっていうのは、ちょっと違う。
異能力バトルという概念でくくればまとまるわけだし……。
それ以前に一方的にのしてるだけで
バトルっぽいことはしてないか。
そんな感じでチート能力もったまま異世界から帰って来た主人公が
平穏を求めるもまわりがそうさせないという話ですね。

まぁ、ここまで行くとこの世界に
本当の意味での一般人がいるかどうか
怪しくなってくるんですけどね。
最初に出てきた唯一常識人っぽい人もアレだったわけだし……。
2019-48
2019.08.03 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

--

Ⅱの位置が微妙すぎてぱっと見
前巻とのタイトルの違いが分からなかったりする。

そして異端の創換術師II 現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る

前巻読んだときに絶対に続きは出ないだろうなと思ってたけど
まさかの二巻目
そうか、眠ったなら起こせばいいだけなんだよな。
読み始めてそんなことを思った。

そんなこんなで起こされて再び歴史に介入する話。
今回の話でもう敵にアレが渡っちゃってるみたいなんで
タイムパラドックスとか考えるだけ無駄。
もう好きなだけ介入していいんじゃないとか思ってしまった。
この分だと、また起こされるのは目に見えてるわけだし……。

でもアレでディランとかレジィナが死んでいたら
歴史が変わってたわけだし、ある意味主人公の介入って
はじめから織り込み済みだったりして……。
2019-47
2019.07.28 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
そういや奇跡の子どもたち同士で戦ったことは
なかったんだっけ。

魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった 7

戦隊ものだと一回はやられるお約束ものなんだけど
意外とこっち系の話ではあまりないんだよな。
無双系だと意外とやりにくいからなんだろうけど……。

味方が操られて、互いにガチでやり合うってのは
ある意味燃える展開だったりする。
というわけでVSミラルカ……。
タイマンだと弱いという印象があったんだけど
今回の認識そのものを塗り替えられたという感じ。
まさかあんな化け物だったとは……。

それでも呪術師のあれに抵抗できないってのも
ある意味不自然な気がした。
ディックのおまじないレベルで防げるんだよね。アレ?
ディックがおかしいというのはおいといて……。
2019-46
2019.07.23 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
前巻のときもそうだったけど
悠君は大事なところで仕事しないというか
ポカやらかすみたいなところがあるよね。

つるぎのかなた(2)

カラーページ、野郎だけっていうラノベ
もしかしたら初めて見たかもしれない。
それくらい野郎だらけの話。
影下あたりヒロインと言っても通用しそうな感じなんだよな。

というわけで前巻とは打って変わって
団体戦で勝とうという話。
こういうのって主人公が最後に出てきて決めるというのが王道なんだけど
それを見事に裏切っていくパターン
いや、あの人が主人公と考えれば
どことなく王道っぽさがありそうな気が……。

そして今回も報われない主人公。
悠君が報われる日は果たして来るのだろうか?
2019-45
2019.07.15 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->