神楽黎明記 ~舞歌の章~ 弐の孤独の迷宮をクリアしました。
これで舞歌の章は、一通り終わりだな。

やっぱりボスよりも
道中のぬらりひょんとケラケラ女のコンビのほうがうざく感じる。
攻略するためには、盗み守り必須かなと思う。
で、ボスまでたどり着くと意外と楽だったりする。
今回は転移陽炎とか吸鬼斬みたいな便利な技が充実してるからかな。

そんなわけで無事終了しました。
スポンサーサイト



2020.02.02 Sun l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
このシリーズ、購入報告とクリア報告が同時なのが
当たり前になりつつあるな。
ボリューム的に考えるとわりと当然だったりするんだけど……。

そんなわけで神楽黎明記 ~舞歌の章~ 弐クリア。
ついでに帰らずの迷宮も全部制覇(もちろんハードモードで……。)

今回はぬらりひょんとケラケラ女の組み合わせが
結構やらしかったなという印象。
武器盗まれるのは結構痛い。
その上で目つぶし&混乱が来るのが結構つらい。
が、それくらいだな。あとは、割といつもどおり。

エロはなりすましさんに期待してたんだけど
なんかこれじゃない感が結構ひどかった。
そんな感じであとは、CG集めと孤独の迷宮をぼちぼちやってくかなというところだな。
2020.01.27 Mon l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
神楽黎明記 ~梓紗の章~で残ってた孤独の迷宮を終わらせました。
武器を錆びなくするため普通の迷宮で
耐錆合成の符が出るまで粘ってたせいで今頃になってしまった。
どうでもいいときには結構出るのに肝心なときに出ないんだよな。

ボスは例によって大百足
毒が効かないってのは本当に面倒だな。
ボスのところにたどり着いた時点で回復アイテムがなかったから
これは無理かなと思ってたんだが
毒と睡眠の対策がしてあれば意外となんとかなるものだ。
事実上攻撃をしてこないターンというのができるわけで
その隙が結構でかかった。
何はともあれ梓紗の章はこれで終わり。

終わってみればあっさりしたものだった。
2019.12.15 Sun l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
神楽黎明記 ~梓紗の章~気づいたら出てた。
本当に今回は、気づいたらって感じでした。
そんなわけでプレイ開始して帰らずの迷宮3まで終了。
この辺はいつもどおりかな。

プレイ開始から梓紗ってこんな子だったっけ?と、思った。
幻想譚のときとキャラ変わりすぎじゃない?
弥生と奏はまだ昔の感じが残ってたんだが
これは、どう見てもなんか違うという感じだった。

妖怪勢は水系の妖怪が多め。
水浸しのダンジョンとの組み合わせで結構面倒だった。
で、こちらもスクール水着が大活躍でした。
あの仕掛けは結構良かったな。
今回は、新しいダンジョンに力を入れたみたいなところがあるな。

で、ラスボスは大百足か。
黎明記で毒で回復するボスは初かな。
九尾は花莚譚のときは、回復したけど黎明記ではダメージ受けてたし……。
百鬼夜行(蒼)で毒反射からの毒で回復というコンボを決められて結構手こずりました。
毒効かないと孤独の迷宮が面倒そうな予感がする。

こんな感じで気づいたら2年間このシリーズにつきあっている。
でぼさんも2年間神楽黎明記しか出してないんだが
これだけでもってるのをすごいと言っていいのかどうか迷うところである。
で、当然のようにがあったりするんだよな。
もうずっとこれで押し切る気なんだろうか。
2019.11.23 Sat l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
MS-DOSのゲームがブラウザ上で遊べるサイトがあると聞いて
軽い気持ちで覗いてみた結果、
MS-DOS版じゃないけど昔やった懐かしいゲームがあったので
少しだけのつもりでプレイし始めて
気づいたら一日終わってたという事態に……。

だってロードランナーとかパックマンとか
久しぶりに見たらやりたくなるのが普通でしょ。
あのステージってどのプラットフォームでも共通みたいで
それがいっそう懐かしさを引き上げる。
これ、一度開いたらやめれなくなるやつだ。

ただ、もう少し操作性よくならないかなとは思う。
昔のゲームに対してそんなこと言っても無駄かもしれないけど
なんていうかどっちも微妙に反応が鈍い気がするんだよね。
そこさえなければ……。
2019.10.22 Tue l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
-->