この本先週までamazonで検索しても出てこなかったんだよな。
こんな形ではぶられる本があるとは、思いませんでした。
さっき検索してたら普通に出てきたけど……。

煙火の島の魔法戦士

前巻までなぜか影がうすかったアトンが
急に大暴れしてるのを見ると違和感を覚えずにはいられない。
話の流れとしては、存在感をしめしてるほうが
健全なのかもしれないけど。

今回はクリシュとの再戦がメインかと思いきや
そのへん、さくっと終わってしまってちょっと拍子抜け。
それでいて苦戦したとか言ってるし……。
ん、そういえば最近プレイしたゲームで似たようなことが……。

ドラマガを読まなくなってだいぶたつが
どうやら次のシリーズで終わるらしい。
剣の国から読んでると、やっとかという気になります。
内容のわりに長い気がするんですよね。このシリーズは……。
でもここまでつきあったんだから
やっぱり最後まで読まないと気がすまなくなってるんだな。
スポンサーサイト



2011.02.01 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
神楽幻想譚の「あらぶる光の湿原」をようやくクリア
長かったです。
ラスボスに毒がうまく効いてくれたことが勝因かな。
それでも最後はぎりぎりだったんだけどな。

ボスが落としたアイテムはそれなりに豪華でした。
それ以上に湿原で拾ったアイテムを持ち帰れたのが嬉しいところ。
この調子でもう一回……やる気にはならないな。
1回クリアしたらおなかいっぱいという感じかな。
2011.02.01 Tue l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
-->