もしかして角の生えたガタイのいい鬼って
日本特有のものだったりするんだろうか?

幕末魔法士〈2〉大坂鬼譚

と、いうわけで鬼の話なんですが
どうもオーク=鬼というのには、違和感があるわけで
西洋妖怪にそれっぽいのは、いなかったのか?

前回は、幕末って言われても
いまいちピンとこなかったところがあったんだけど
今回は実在の人物(名前が同じだけだが)とかが出ていたせいか
それなりに幕末の雰囲気はそれなりに出ていたように思う。
話もそれなりに楽しめた。

ただ無理矢理日本史をなぞろうとして
説明みたいな文章が多くなったのは、どうかと思うんだけど。
スポンサーサイト



2011.02.15 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
地獄で閻魔様に舌を抜かれて……って、そっちの話じゃないのか
まぎらわしいタイトルだな。

「嘘をつくとどうなる?」

基本的には何も変わらない。
嘘つくことがあっても自然体でいるのが普通です。
あとで慌てるような嘘はつかないし。

そういえば嘘といえば、最近の子供が
「嘘つきは民主党の始まり」
と言いながら集団で歩いていくのを見ました。
あの年で政治に関心を持つのか。と少し感心してしまいました。
2011.02.15 Tue l トラックバックテーマ l COM(0) TB(0) l top ▲
-->