正直なところ、本能寺の変については、
信長が光秀に討たれたくらいの知識しかありませんでした。

信長は光秀に「本能寺で家康を討て!」と命じていた

いろんなところでネタにされる裏には、
謎につつまれていて正確なことが分かってないという現実があるんですね。
言われてみると歴史漫画でも本能寺の変の扱いは
いろんなバリエーションがあって比べてみるとおもしろいものがあります。

ちなみにこの本の著者の説では、
信長が用済みになっていた家康を消そうとしたというもの。
ところどころ、なるほどと感じるところがあり、
それなりに説得力がある説ではある。
一方で、あれ、これ矛盾してないと感じる部分も少しだけありましたが
当時の武将が考えてたことなんて
当の本人にしか分からないわけなんだから深く追及してもしょうがない。
ここだけは、筆者の推測と違ってたのだろうと考えたほうが楽です。

あと、最後のほうに書いてあった
行動の遅さでどんどん味方をなくしてく光秀の話が
いろんな点で民主党とダブるんだけど、気のせいか?
案外急に権力を手にするとみんなこうなっちゃうものなのかも
スポンサーサイト



2011.07.12 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
首相がブログで思いつきではないと強調したことがニュースになってます。
正直なところ、なんでブログで主張するか少し疑問でした。
立場上、もっと発言できる場所はあるはずだから。

ってことでなんでブログで強調したかを考えてみる。

1.反論が来ない。
コメントがつけれないようになってる以上、一方的に垂れ流せる。
やっぱりこれが大きいかな。

2.他のメディアが思いつきと言わないから。
ネットにくらべて他のメディアは「思いつき」ってあまり言わないような気がする。
だからそこで強調したらいつぞやの記事のような状況になる。
それゆえにネットだけで主張してるんじゃないかと思うんだよな。
と、いうかその後ろで糸引いてる人がさせているという印象。

だれでも思いつきそうなレベルだけどこれくらいかなと思う。
他にわざわざブログで主張する理由って何かある?
2011.07.12 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
-->