競馬に興味を持ち出したころに走ってた馬ですね。
勝つときは大差でぶっちぎって勝つ反面
負けるときは、これでもかというくらいあっさり負けてたという印象がある。

種牡馬としてもGⅠ馬を数頭だしていて
同世代の中では成功してたと思う。
これに関しては、単に他がひどすぎただけかもしれないけどね。
後継がいまいちというのが残念。
この馬にかぎらず日本は父系が伸びないから
しょうがないといえなしょうがない。

この馬の場合は、さっさと引退して
サンデーサイレンス産駒が出てくる前に
ある程度種牡馬として結果が出せてたのが大きいかも。
サンデーと産駒のデビューが重なった同期の馬の悲惨さを見てると
早期引退してよかったと思える。
スポンサーサイト



2011.10.08 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
-->