別の専門家の視点で見ると意外と違うものなんだな
と感じさせる1冊でした。

桶狭間は晴れ、のち豪雨でしょう

今って、何百年前の天気が普通に分かっちゃったりするんですね。
そしてそのデータから歴史上の出来事を見ると矛盾が生じるということですね。

視点を変えるだけで、あの出来事の意外な裏側が見えてくるというのは、
いつ見てもおもしろいものです。
こういう別の視点で見れることがすごいんだろうな
とつくづく感じました。

それにしても学校で教えてる歴史って案外適当なものなんだな。
で、これを疑うことなく覚えさせる教育。
日本の歴史教育の問題点まで見えてきたような気がしました。
スポンサーサイト



2011.11.21 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
ちゃんと読むかと言われると結構微妙です。
たいていの場合はさらっと流し読みですね。

「説明書はちゃんと読みますか?」

読まなきゃわからない場合は読むって感じ。
直感的に分かるようにできてるものは、ほとんど読まないな。
というか、読む必要がないんだよね。

ゲームで言えばシミュレーションゲームの類は
とりあえずマニュアルを読む。
ノベルっぽいゲームだとほとんど読まない。
それで何の不都合もない。
ちなみにマニュアルにもたいしたこと書いてなかったりします。
2011.11.21 Mon l トラックバックテーマ l COM(0) TB(0) l top ▲
-->