夢って記憶の整理みたいなものだから
現実で見た景色が出てくることは、よくあるらしい。
そして現実で見たことだけを忘れてるとこの景色、夢で見たとなるらしい。

「夢が正夢になった事ある?」

そんなことは、ない。
夢で見た景色だと言っても、前に来たことあるよ
と一言言われて終わりだった子供のころ。
夢の原理を知ってしまうと馬鹿馬鹿しいことではある。

でも予知夢ってのは、実際あるみたいですね。
9.11の同時テロでは、前日に夢で見たって人が多数いたらしいし……。

そうなると最初に書いた夢が記憶の整理説というのも
少し怪しくなってくるわけです。
結局なんなんだろうな。夢って
スポンサーサイト



2011.11.30 Wed l トラックバックテーマ l COM(0) TB(0) l top ▲
Googleで”○×”という言葉で検索したら
候補がひとつも出てこなかったのには驚いた。
とある記事を探してただけなんですけどね。

ペンがいらないマルバツの本、ページ数は1400ページ

需要があるのかどうか分からないが、この馬鹿さは嫌いじゃない。

最初、この記事を見たときは、3の9乗通りの盤面があるのに
よくここまでおさえたなと思ったんだけど
冷静に計算してみると、なんでこんなページ数あるんだ?という結果が出た。

まず先手の場合、初手は、9通りでそれに対して
相手がそれぞれに1通りの手を返してくる。
で、3手目は残りの7マスから選ぶわけだから7通り
という具合に最後まで埋めると盤面のパターンは
9×7×5×3×1=945通り

後手の場合も同じように計算すると
8×6×4×2=384通り

この2つを足しても1329通りで
実際には、途中で決着がつくパターンが含まれてるから
もっと少なくなるはずなんですよね。
1400ページもいったい何をと思わずにはいれませんでした。
2011.11.30 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
-->