なんとなくだがガンダムWのヒイロ・ユイに似てるなと思った。
気のせいかもしれんが……。

エスケヱプ・スピヰド

機械が人に感化されてどんどん人間っぽくなり
最後は人のために戦う。
ある意味王道なんだけど、それがいい。
王道には王道のよさと安心感がある。

虫型の戦闘兵器ってのが意外と新鮮な感じ。
虫型って出てきても敵っていう印象があったんだけど
そういう先入観を見事に打ち砕いてくれました。
形状に関する描写がちょっと適当な感じで
いまいち想像しづらいのが難点だけど。
名前の通りと言ってしまえばそれまでの気もする。

伍長の存在は伏線だと思ってたけど
結局最後まで出てこなかったな。
鬼虫になってるんじゃないかと予想してたんだけどな。
スポンサーサイト



2012.02.16 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
おつかいなんかしたかどうかも怪しいですね。
なんせ一番近くの店に行くのにも車が必要なくらい
田舎に住んでましたから。

「はじめて【おつかい】した時の事、覚えてる?」

まじでおつかいとか無縁だったよな。
歩いて行けるところに店らしい店がないうえに
バスは数時間に1回という場所。
さすがにうちの親もおつかいをさせようとは、思わなかったんだろう。
2012.02.16 Thu l トラックバックテーマ l COM(0) TB(0) l top ▲
-->