野党の時に言ってれば
少しは評価されたかもしれない。
首相になってから言っても説得力はないです。

野田首相:「日本はリーダーが摩耗…」 国会で嘆き節

野党時代、さんざん非協力の立場を貫いておきながら
与党になったとたん協力しろと言っても無理な話だろう。
そういうときのために解散という手段があるわけで
今の状況が嫌なら衆議院を解散すればいいんだよね。
それで選挙に勝てばだれも文句は言わないわけだしね。
小泉の郵政法案なんてまさにその手法で可決されたわけだしね。

嘆き節というのは、ちょっとおかしい。
そういう発言が出てくるということは、
自身がリーダーの器じゃないことを認めてるようなもの。
いいかげん、今の地位にしがみつくのをやめてほしい。
スポンサーサイト



2012.03.23 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
-->