何度もそう来たかと思わせてくれた
このシリーズも完結か。
5巻くらいだと忘れたころに読み返そうとか思えるから
このくらいがちょうどいいといえばちょうどいい。

カナクのキセキ5

そんなわけで読了。
1,2巻あたりで思いついたカナク=ノートリアス説は、見事に外れ。
予想なんてそんなものだろうな。

少しだけ駆け足の気がしたが
なかなかいい感じの終わり方だったと思う。
カナクにしろ、ネウにしろ結果的にはああなったわけだから。

それにしてもほとんど黒夢の魔王の思い通りにいってるのに
りーぜ一人殺しておくだけで
こんなに劇的に変わるものなんですね。
この辺が実は、一番感心したところだったりする。

あとは、タイトルについてもここに来て
ああそういうことかと思わされる。
最後の最後まで「そう来たか」でした。
スポンサーサイト
2012.08.20 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
小学校高学年から中学校時代までは、
やたらと籤運がよかったのを覚えてる。

「あなたのくじ運は良い?悪い?」

最近は、くじの類は、当たらないな。
たまにロト6の当選金が振り込まれてる程度。
もちろん、末等の1000円です。
でも悪くもないと思う。よくもないけど。
こういうのは、良いと思えば良くなるし
悪いと思えば悪くなるものでしょう。
現実と違ってもどう思うかによって変わってくると思う。
いらないものばかりあててる人がくじ運がいいかと
聞かれると疑問に思わざるえないです。
2012.08.20 Mon l トラックバックテーマ l COM(0) TB(0) l top ▲
-->