小説の書き方についての本とは
知らずにタイトルだけ見て買いました。
最後に実践創作講座とか出てきてびっくり。

あらゆる小説は模倣である。

いかにして真似るか、
そこに重点をおいてるところが
新しいと言えば新しい。

オリジナリティの壁については、
なるほどと思えるところがあった。
小説ではないけどOnly Oneを求めれば求めるほど
どこかで見たような気がしてくるのは、そういうわけだったのか。

小説に限らず創作活動してる人は、
行き詰ったときに読んでみるといいかもしれない。
どんなことにでも言えそうなことだけに
小説だけに限定してるのがもったいない内容です。
スポンサーサイト



2012.08.26 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->