読むたびに軍師の役割が
どこからどこまでか分からなくなるシリーズですね。
今回は大戦前の中休みと言ったところでしょうか。

天翔虎の軍師 (5)

軍師といえば漫画の三国志の
孔明のイメージが強すぎるせいなのかもしれないけど
それでも今回の話を読むと軍師ってなんなのと感じるわけです。
実際の軍師がどういうものかを完全に把握してるわけじゃないんですけどね。
今回、戦いらしい戦いをしてないから
ああいうことしないと存在感を示せないのかもしれないんだろうけど……。

それにしてもエナってああいうキャラだったのか。
ひどいフラグがたってるんだが
フレリカに対する気持ちがその程度だったのかと
少しがっかりしてたりします。
っていうか、ユミカが前に言ってたことを考えると
裏切っても……な気がするんだけどな。
スポンサーサイト



2014.06.21 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->