そう何度も使えるネタではないが
最後の種明かしまで飽きさせないものがありました。
ただ、同じ主人公の次の作品はとなると……。
今回のようなことは、できないわけですし……。

廃墟写真家 真夜中の廃線

初っ端のちょっとぞっとする始まり方からして
異様さがあったんだけど
スタンプラリーでどんどん人が脱落してくところとか
さらりと書いてあるんだけどよく考えると……。
っていうのがやたらと多い。
そして最後には参加者全員が……。という種明かし的なものまで
本当にやられたという感じでしたね。
これは、すごいです。
最後一気に腑に落ちるところとかとくに……。

2015-12
スポンサーサイト
2015.02.10 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->