通巻番号をわざわざ素数にしてもらったというのなら
値段もついでに素数にしてもらえば……。
あとがき読んだあとにそんなことを思った。

素数はなぜ人を惹きつけるのか

そんなわけで素数に関する本です。
素数とは何かから始まってリーマン予想とか宇宙の……まで
分かりやすく書いてあります。
数式って観賞用と考えるだけで
かなり見方が変わるんだなと実感しました。
もっとも興味をもてたのは、最初の数章ですが……。
一線を超えるとどうしてもとっつきずらくなるところが出てきちゃいますよね。

そんな感じの1冊でした。
それにしても第1刷が2/28でもう第2刷とか
この本、結構売れてるんだな。
これも素数が人を惹きつけるからなのか……。

2015-22
スポンサーサイト



2015.03.13 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->