結局GWは、ごたごたしすぎて5章と6章の途中までしかできなかった。

6章の最初で黒騎士と白騎士の正体が
あかされたわけだが黒のほうは、予想どおり。
白のほうはそっちかという感じ……。
もう一人の零騎士が白騎士と一緒にいる場面がなかったから
こいつが正体かなと思ってたんだけどな。
あっさり裏をかかれたというところでしょうか?

6章は、それ以上に衝撃的なことが多すぎて
まさにクライマックスといった感じでした。
ナタールとかヤラセとかどうしてこうなった的なのも結構いたが……。
あとは、「1012歳の幼女」発言がめちゃくちゃツボに入った。
某所のカオススレを定期的に見ていたせいでしょうか。

そんな感じで今日はここまで
スポンサーサイト



2015.05.06 Wed l ゲーム l COM(0) TB(0) l top ▲
-->