今年に入って50冊目ですね。
このペースなら年間100冊もいけるかも……。
なんか1年で50冊と言ってた時期が嘘のようなペースですね。

レオ・アッティール伝 (1) 首なし公の肖像

そんなわけで記念すべき50冊目は、戦記物?かな。
幼くして人質になった主人公が覚醒するまでで
キャラ見せがメインっぽい感じで話が進んでる感じがしないけど
タイトル見ても分かるとおりある程度続けるのが前提っぽいんで
これは、これでありかなと思う。

でも次巻もこんな感じだったらたぶんその次は買わないと思う。
そんな感じの始まりと言えば始まりなんだろうな。

2015-50
スポンサーサイト



2015.06.16 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->