前巻の終わりが終わりだっただけに
結構続きが気になっていた。
その割には、あっさりしていた気がする。
ただ冷静に考えてみるとああいう終わり方をした次の巻って
だいたいこんな感じだなと思えてくる。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4)

そんなこんなでリィエルの話の続き。
Projectのアレとかリィエルの生い立ちとかまでは、
だいたい予想通りだったな。
というか、他に考えようがなから順当というべきか。

敵がいつになく雑魚っぽかったと思ったが
他の巻の相手も似たようなものか。
いつも「俺の手のひらの上で踊ってただけだ」的な
勝ち方ばかりしてるような気がするのはなんでだろうな。
どこぞの所長の考えではないが
戦闘中に想定外のことをされて焦るところとか見てみたいんだけどね。
特に某Aさんは……。

リィエルは結局元鞘か……。
それはそれでいいんだけど、なんかしっくりこない。
これも何がと言われると答えられないモヤモヤみたいなものがあって
今さらながら今回でお別れでもよかった気がしないでもない。

2015-60
スポンサーサイト



2015.07.20 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->