地名に関していえばこういうことにこだわったとか
そういうことは、意外とないんだなという印象ですね。

戦国武将はなぜ その「地名」をつけたのか?

というわけで戦国武将が名づけたといわれる地名について
なぜその名がつけられたか的なものを想像してたわけなんですけど
どちらかといえば武将に関するエピソードのほうがメインに思える。
そんな1冊です。

それでも地名からのアプローチというのは
意外とないと思うのでこれはこれで新鮮な感じがしました。
悪くはないです。
ただもっと別のところにこだわってほしかったなというところはある。

2016-2
スポンサーサイト



2016.01.09 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->