久しぶりにBAD ENDっぽい話を読んだ気がする。

クロバンス戦記 ブラッディ・ビスカラ

『とあることを代償にしてタイムリープする能力』を得た男が
革命軍?の中で地位を築き
正規軍を打ち負かしていく話。
ただその代償のせいですごく重い話になってるなという感じで
序章であれほど守ろうとしていた人物を
最後には自分の手で……っていう展開は
あまりにも救いがない。

本当に嫌な終わり方でした。
リテイクするたびに失っていったから
せめて最後くらいは……と思ったんですけどね。

2016-82
スポンサーサイト



2016.10.02 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->