タイトルからして闘神様も元は、
闘神の使徒だったりするんだろうか。

ワールド・イズ・コンティニュー

ゲームの世界に召喚されてどーのこーのという
最近のラノベでは、わりと主流の系統の話

そんな中、訳も分からず召喚された主人公が
闘神の名前に心当たりがあったため
闘神に会うため奮闘するといえば聞こえはいい。

絶望しない限り何度死んでも生き返るという
ある意味チートなシステムのせいで
下手な鉄砲なんとやらって感じになってるのがなんとも言えない。
確かに攻略法としては、間違ってないんだけど
ボス戦以外が緊張感ないものになってる気がする。

その点ボスがあれなのは、ちょっといいかもとか感じた。
AIが進化するとあんな感じになるのかな
みたいなことを少し考えた。

そしてあっさり目標達成と思いきやそうもいかないみたいで続くらしい。
次は買うべきかどうかと書きつつも
こういう場合は買う傾向が強くなりつつある今日この頃

2016-93
スポンサーサイト



2016.11.07 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->