あれだけいる登場人物が全員病んでるとか
もう完全にどこか逝っちゃってるなという気がする。

キリングメンバー ~遥か彼方と冬の音~

ミステリーっぽい始まり方したなと思ったら
話がどんどんあらぬ方に進んでいって
次から次へと人が死んでいくどこかカオスな話。
読み終わってから冒頭部分読むとすごく違和感感じる。
なんなんだこれ?っていう感じで最後まで一気に読んでしまった。
なぜかいい感じに壊れたという気がしてしまう。

狙ってやってるならすごいと思う。
天然でやってたらもっとすごいと思う。
そんな感じです。個人的にはいいと思う。
そんな感じの1冊ですね。

2017-40
スポンサーサイト



2017.05.25 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->