〈下〉ってついてるけど実質これだけで
一つの話として完結してたりする。
上巻の話を忘れかけてたけどすんなり読めました。

86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉

ご都合主義でしかないんだけど
レーナが無線に割り込んできたときの
キターって感じがたまらなくいい。
最初のところで少しでてきただけで
どこで絡んでくるかと思ってたけど
焦らして焦らしてやっと出てきたというところが本当にいい。

そしてその後、話してたのがレーナだと分かったときの
シンの対応もまたいい感じで
あのあたりで本当に一気に持ってかれたと思う。

そういう意味ではモルフォとかキリヤとか
少し存在感が薄くなってた気がしないでもない。
一応、今回の敵なんだけどね。
レーナとの邂逅のシーンと比べるとどうしてもね。
そんな感じで1巻のラストにつながったんだな……。

あと、最近のニュースでGoogleでAIが子AIを作り出すことに成功
っていうのがあったんだけど
レギオンってああいうものなのかなとか少し考えてしまった。
AIが人間を超えた世界ってああいうものなのでは……。
そんなことを今になって感じてしまいました。
2017-98
スポンサーサイト



2017.12.10 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->