前巻の問題児を説得して終わり。
きれいにまとまってるけどなんか物足りない。

あやかし双子のお医者さん 五 幽霊と邂逅の半身

バトルものとかじゃないから
いかに説得するかという話になるのは、ありといえばありなんだけど
ちょっとした内輪もめの仲裁させられた的な感じで
えらくこじんまりしちゃったなという気がしている。

焦ってる感じでも緊張感ないし
こんなゆるい話だったっけ?とかそんなことを思った。
流れて気にクライマックスっぽいんだけど
そのわりにはなんだかなという気がしてしょうがない。
どうしてこうなった?
2018-14
スポンサーサイト



2018.02.24 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->