ディープインパクトVSオルフェーヴルみたいなイメージなんだろうか?

ジャッジメント/ブラッド2 鉄血の航路

弱点を克服することに重きをおいた集団との戦闘がメインなんだけど
弱点を克服するのが悪いみたいな書き方されていて
なんだかなという感じがしていた。

弱点がないのがダメというなら
なろう系は、今ほど流行らないと思うんだけどね。
最後のSNSの批判で撃沈するとかなんだあれ?という感じ
あれこそ弱点以外の何物でもないと思うんだけどね。
今回の戦闘は、精神的な打たれ強さの差で決まったという感じかな。

最初に書いたあれもそうだけど弱点があるとそそられる層というのは確かにいる。
だがどちらが人気という話となるとなんか違う気がする。
結局のところそれぞれのよさというものがあるわけで
なんであんな決着になったのかなといまいち納得いかない決着でした。

憎たらしいほどの完全無欠を支持する層があっても
全然不思議じゃないと思うんだけどな。
2018-34
スポンサーサイト



2018.05.10 Thu l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->