重いラノベって矛盾してるけど
しっかり存在してるんだよな。

悪魔の孤独と水銀糖の少女

そんなわけでひたする重い話。
シュガーリアの過去とかヨクサルの過去とか
登場人物全員が暗い過去を抱えてるもんだから
とにかく重い。
おまけにそれを紛らしてくれるモブも皆無。
本当に重い。これがラノベなのか。

それがあるからこそラストのあれが
すごい救いになってるなと感じた。
話自体はすごくシンプルなんだけど
この落差というのがすごかった。

そんな感じの1冊でした。
すごいというべきか、おかしいというべきか……。
2018-42
スポンサーサイト



2018.06.10 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->