帝都から逃げるように旅に出たわりには、
あっさり戻ってくるんだな。

賭博師は祈らない(4)

そんなわけで久しぶりに帰って来た帝都で
懐かしの面々と和気藹々といかないのがこの話のこの話したる所以。
一旦やらかしたらそう簡単には元に戻れないよな。
そんなことを感じさせる序盤から
いつもの黒いものが渦巻く展開へ……。

それにしても今回はいつにもなく
相手がいかれてるからなかなかスリリングで
意外と止めどきに悩む展開になってます。

そんな中でもあっさり卓につけてしまう流れと
その違和感のなさがすごいというかなんでという感じ。
賭博そのものよりそこに行くまでの流れが今回は本当にいい。

そしてリーラをさしおいてあの女と……
予想外ではあったがこの後の修羅場が少し楽しみだったりする。
でも案外その辺はあっさり片付きそうな気も……。
2018-44
スポンサーサイト



2018.06.18 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->