作者名見てワールドトリガーを想像した人は
たぶん他にもいる。そう信じたい。

滅び時だと彼女は告げた 異能犯罪捜査〈零局〉

異能者による犯罪の捜査や後始末をする話。
思ったより普通に捜査している。
ミステリーにありがちな探偵がぱっと見てひらめくなんてことは
してないところに好感が持てる。
その分、ミステリーっぽさがないというか、最初から狙ってないという感じ。

犯人の特定の仕方とかびっくりするほど正統派で作業的。
リアリティというものを追求したらこうなるよね。みたいなことを感じた。
テストのときの攻略法といい、こっち系の話では
かなり異質な部類に入るんじゃないかな。

その一方でキャラは薄め……。
たぶん人数出し過ぎて印象に残りにくかったんだろうな。
続きがあるならこの辺の解消を期待したい。
2018-84
スポンサーサイト
2018.10.23 Tue l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->