いつにも増して弟君が空気……。
今回は、まじでいなくても違和感がないレベル

榮国物語 春華とりかえ抄 四

現在の中国がアレなせいか
どうしても中華もので選挙となると違和感を感じてしまう。
気のせいだろうか?

そんなわけで今までバレそうでばれない春蘭だったが
今回は一緒に風呂まで入ってしまう展開に……。
それにも関わらずバレないってのがある意味すごい。
毎度ばれるばれるとはらはらする場面があって
ことごとくすり抜けるという展開を見せてたんだが
今回のはある意味異常。
これでばれなきゃ目の前で全裸になってもばれないのでは……。
そんなことを思う一幕がありました。

メインは別のところで亡き宰相の後をめぐって
選挙戦を繰り広げる話。
途中でとんでもない大技というか
選挙においては、完全に反則だろうということを
やってるところがなんともいえない。
これが権力というものか。というのをまざまざと見せつけられたという感じですね。
もうちょっときれいな勝ち方ってできなかったんですかね。

そんな感じの話でした。
2018-95
スポンサーサイト



2018.11.26 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->