著者が新シリーズ始めてるから
こっちは、もう終わったのかと思ってた。
まだ続くんですね。

あやかし双子のお医者さん 七 猫又と別れの挨拶

タイトルからも分かるとおり
リヒトがメインの話ですね。
言われてみれば過去とか謎の存在だったな。
そんなことを思ってしまうほど普通になじんでいたから
今回の話はある意味盲点的なものだった。

まぁ、つながりのある術者の正体自体は
わりとバレバレだった気がするんですけどね。
まさかあんなストレートに攫っていくとは思わなかった。
そしてリヒトの正体も攫われたあたりで
なんとなく察しがついた。
そういう点では想定外のようで意外と想定内の話だったりする。
2019-19
スポンサーサイト
2019.03.24 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲
-->