この組み合わせはどこかで聞いたような気がする。
気のせいか?

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

勇者とは勇気ある者という定義はどこへやら
職業の一つとして認められてた世界というのは、なかった気がする。
にしても、この世界の勇者はなんというか民主党に似てる気がしてならない。
建前上敵となってる相手とつるんでるところとか。
一度、利権をつかんだことのある人間に普通に戻れというのは、無理なことなんだろう。

それは、ともかくとして、新人のバイトが来て
それが原因でどたばたしながらも最後は和気藹々として終わる。
簡単に言えばこれだけの話。

最近、ラノベは、バトルものばかり読んでた気がするので
意外と新鮮な気がしました。
このまま、この路線をつき進んでほしいものです。
登場人物見てるといつバトルものになってもおかしくないのが少し心配だったりする。
スポンサーサイト



2012.01.30 Mon l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1167-7a8012e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->