わりとさくっと終わりそうな感じですね。

カナクのキセキ4

主にルイ・ソーン関係で今までつながってなかった話が
一気につながったという感じの話ですね。

今回も引き続きネウの話。
もう物語全体の主役と言っても過言のない状態になってますね。
本来の主役がああなっちゃったからなんだろうけど
こうなってくるとどうしてこのタイトルをつけたか気になってきますね。
あとがきでそれっぽいことを匂わすことが書いてあるし……。

それにしてもネウは、少しはアルマのほうに傾くかと思いきや
怖いほど一途ですね。
くっつくとしたらアルマしかいないような気がするんだけどね。
カナクは、なんだかんだで行っちゃいそうな感じがするし……。
ちょっとだけ追記

あとで読み返したら、
会議のシーンでどちらにも挙手するわけには、いかないと
言って司会になったミスティカ大公が
しっかり多数決に参加してるのが微妙にツボだった。
スポンサーサイト

2012.04.22 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1265-c255d9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->