視点としては、新しい感じがした。
でもこれ、10年以上前の本なんだよな。
主に第2部が印象に残っています。

勝負の極意

タマモクロスとかオグリキャップとか懐かしい名前が
ちらほらと出てきていつの時代だと思ったら
案の定、昔の本でした。

でもあまり触れられない、パドックの見方とかは、
見ててなるほどと思った。
展開に関する理論については、ちょっとばかし違うかなという感じ。
と、いうのも最近は追い込みも決まってるのもわりと見る。
きっとこの人は、メジロブライトとかグラスワンダーを買えなかったんだろうな。

関西馬のほうが圧倒的に強いってのは、
そういう時代もあったなという程度の認識でいいと思う。
古い本だけにすべてを鵜呑みにするのは、危険ですね。


スポンサーサイト



2012.09.29 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1456-eced38d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->