封印区画

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    完結じゃないけど

    ここで終わりでよくない?
    そんなことを感じさせる話でした。

    ライアー・ライセンス3

    前回、いかにもラスボスですと言った感じで
    登場した兄と対決する話です。
    能力名からして絶対ラスボスだと思ったんだけどな。
    割とさくっと使われちゃいましたね。

    自分は何者かという問題を突きつけられる展開ってのは
    意外とよく見るものなんだけど
    この話で見ることになるとは、思いませんでした。
    っていうか、主人公の素性ってあんなに
    曖昧なものだったのかとちょっとばかり考えてた。

    意外だったのが赤い糸の人の正体。
    てっきり新キャラだとばかり思ってたんだがここでアレか。
    そう思って前巻を見るとたしかにあれは、一般人としては、不自然だった。
    やっぱり今後も絡んでくるんだろうな。

    なにはともあれ、一区切りついたっぽいので
    次巻は買うかどうか少し迷っています。
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]