久しぶりにネットサーフィンという言葉を見た気がする。
まだこの言葉を使う人がいたんだと
変なところで変に感動しました。

「ネットサーフィンのお供」

なんていうか最近は、検索したら
一発で目的地にたどりつけることが多くて
ネットサーフィンしてるって感覚がないんですよね。

Windows95で初めてネットにつながったばかりのときは、
リンクをたどりまくってようやく目的地につくというのが
当たり前みたいな感じだったんだけど
あれがいわゆるネットサーフィンなんだと思う。

検索エンジンの発展は便利になった反面で
こういうリンクをたどる楽しみを奪ってしまった気がする。

それは、ともかくとしてお供の話でしたね。
昔はクリックしてからページが表示されるまでが
長かったので漫画本を片手にやってたんだけど
今は、そういうことがないので特にお供と呼べるようなものは、ないですね。

たぶんこれも技術の発展によって
失われたものなんだろうな。
スポンサーサイト
2013.04.10 Wed l トラックバックテーマ l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

はじめまして。

懐かしいです。
私も数年前までは古いPCを使っていたので、携帯のゲームをしながらページが表示されるのを待っていました。
今はそういうことはなくなったので、時間の取られる携帯のゲームをしなくなりました。
2013.06.19 Wed l 柚樹葉. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1687-d63419c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->