「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
この言葉が元の意味と違う使われ方をされてるってのは、
当の慶応義塾大学が抗議をしてることもあり知っていたんだけど
他の言葉にもいろいろ誤解されてることがあるようだ。

名言の正体

新幹線の中で暇つぶしとして読んでいた本です。
これが結構おもしろかった。
前から知っていた誤用や捏造もあるんだけど
初めて知った衝撃の事実なんかも結構あっておもしろかった。
とくに「狭き門」とか「目からウロコ」が
誤用が根付いたものという事実は驚きでした。

名言って案外適当なものなんだな。

そう言えば小泉元首相が
「罪を憎んで人を憎まず」という言葉を引用したときに
中国からそんな意味ではないという反論が来てたっけ。
あれも適当な理由で変化して日本に根付いたのかもしれないな。
スポンサーサイト
2010.01.31 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/184-2e9d92be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->