ルールの変化に対応できなかった人の愚痴にも
見えないこともない。
でも現場の人が声を揚げない限り上や外に伝わらないのも事実

騎手の一分

そんなわけで競馬について
騎手の視点から書かれた本ですね。
意外と知ってるようで知らないところというのを実感した気がします。
なんていうか内部の人は、
見てるところも考えてることも違うなという点。
そして今JRAが抱えてる問題点、なかなか興味深いものがありました。

事件は会議室で起きてるわけじゃない。
現場で起きてるんだ。
っていうのと、ほとんど同じ状態ってわけだな。
こういうのって現場の人間を上のほうに持って行かないと
いつまでたっても解決しないんだよね。
スポンサーサイト
2013.09.08 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1893-47a721e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->