少し前に、「真島クンすっとばす」の続編のことを書いてるときに
あちらの国うんぬんと書いてたんだけど
じっさいどんな感じだったかなと思って
古本屋まで行って該当巻を軽く読み返してきた。

こうして見ると作者は、韓国のことを
いろいろ調べてたんだなと実感しました。

・真島(日本人)がランクアップするとしゃしゃり出てくる
・日本に対抗心をむき出しすぎ
・思うようにいかないと賄賂で攻める
・対戦が決まると本番前に相手を潰そうとする

このあたりの行動パターンが
韓国人のスポーツ関係者の行動パターンそのままなんだよな。
当時は、韓国人がどういう連中か知らなかったから
ただの悪役扱いかなという程度だと思ってたんだけどな。

時期がたってから読み返して初めて気づく作者のこだわり。
こういうのを見つけるとなんとなくいい気分になります。
スポンサーサイト



2013.11.02 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1954-9742f6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->