話はそっち系のほうにすすむんだな。
なんかもっと凄惨な戦いを想像していました。

さまよう神姫の剣使徒 2

そんなわけで2巻目にしてすでにまとめに入ってる気がするのは
やっぱり気のせいだったりするんだろうか。
前回の終わり方からして月の子との戦いがメインで
他の子たちはまだ絡んでこないと思ってたんだけど
思ってたより展開早そうだな。

っていうか、前巻読んだ限りじゃ神姫って
引きこもりのイメージがあったんだけど
この巻読むとみんな活動的だよな。
このぶんだと残りの2人も意外と外出るタイプなのかも。

《蛇》とか剣使徒の過去とかいろいろ明かされたわりには、
意外と驚きがない。そういや謎だったよなってくらいの感じ。
今回ようやく目的というか動機づけっぽいものができたって感じなのかな。

っていうか、そういう世界観なんだなと納得したら
どうしてそうなったのか考えないのは、
話を楽しむぶんには、問題ないかもしれないが
案外悪い癖なのかもしれないな。
同盟前の神姫への問いかけ見て自分のことをそう感じたのでした。
意外とそういうとこ見えてないというか気にしないというか……。
スポンサーサイト
2013.11.22 Fri l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/1974-c2446b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->