1巻の残留体の行動と
今回の涙晶管理局の説明は
矛盾してる気がする。気のせい?

再生のパラダイムシフトV スクランブル・フェスタ


今回は、驚きの展開が多かった。

あの人がゴスペルだったとか
あの人が涙晶管理局の人間だったとか
ゴスペルが実は……だったとか
などなど
これだけでお腹がいっぱいなくらいです。

ひょっとしたら終わりが近いのかと思うくらい
一気に物語が組みあがっていったという感じですね。
最後の終わり方もあんなのだったし……。
マジで次かその次くらいで終わるのかもしれないな。

そんな感じがする一冊でした。
文字数的には同じくらいでもあきらかに
ボリュームが違うと感じる回でした。

スポンサーサイト
2014.03.22 Sat l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2103-60b9c9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->