オープンとシェア
これからは、これが重要になるという話
この辺は、実例多めで読んでて疲れるかも……。

ウェブとはすなわち現実世界の未来図である

「社会はウェブをコピーする」がキーワードだが
「社会にウェブをコピーしろ」という感じかな。
どう読んでも受け身な話ではなかった。

ネット上で使われてるオープン、シェアの概念を
リアルにどう反映させていくか。
その方法論は、こうして見るとなかなかおもしろいものがある。
それでもどうしても社内では「上司説得型マーケティング」になってしまうんですけどね。
健全な赤字すら今は許されないんだよな。

アイデアの出し方については、
他の本でも語りつくされてることだなんだけど
こういう違う系統の本で不意打ち的に出てきたのには、少し驚いた。
この本に書いてあったGoogleとカーナビの関係に少し似てる気がする。

こういうことを感じたときは、
紙媒体もまだ捨てたもんじゃないなと思うんですよね。
スポンサーサイト



2014.03.30 Sun l l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2112-91507edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->