封印区画

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    変わりなく

    2冊目にして黒幕の片割れが江戸に来るということで
    一気に急展開を見せるのかと思いきや
    割と相変わらずの流れでした。

    秘帖 托鉢剣 二 しぐれ秋月抜荷始末

    そんなわけで必殺仕事人もどき2巻目かな。
    今回はのっけから仲間が殺害シーンを見てるのに
    裏でやってることとか、アレとの関係とか
    探ってるのがみょうにもどかしかった気がします。
    なんていうか犯人が分かってるのに証拠がない的な……。
    正規の連中じゃないんだから斬ればいいのにと
    読みながら何度も思いました。

    それは、ともかくとして結局内通者は、分からなかったな。
    と言っても2択だと思うんだけどね。
    あっちだったら次あたりで井筒さん死んでるんじゃないかな
    とか考えつつ今回は、ここまで。

    次を待つことにする。
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]