Yahooニュースのコメント欄で
こういう文をよく見ます。

不適切な表現を含む可能性があります。

文書の後ろに「表示する」というリンクがあって
そこをクリックすると見れるようになるんだけど
見てみたらどこが不適切っていう感じで
どういう基準でそういうふうに設定されるのか気になっていました。

それを今日ひょんなことから教えてもらって
ああなるほどと納得した次第です。

別に文章をYahooが検閲してるわけじゃないんですね。
ただ違反報告のところをクリックされると自動的に隠されるみたいです。
しかもコメント書いた人からは、普通に見えてるため
不適切扱いされたことに気づかないようになってるらしい。

つまり多くの人の目につくと困るコメントに対しては
違反報告をすれば隠せるということ。
中韓にとって都合の悪いコメントが不適切扱いされてることから
Yahooが検閲してるという説があったが
どうやら誰にでも普通に検閲できるようなシステムになってたらしい。
当然これをあっち系の団体が利用しないわけがない
ということで特定の団体が都合の悪いコメントに対して
片っ端から違反報告してるようです。

というかこのシステム自体がそういう団体に便宜をはかった結果できた気がする。
不適切扱いされたと本人に知らせないのは、
どう考えても不自然なんだよな。
知らせないことでだれが得をするかそう考えると
上記のようなことをしている連中ということになる。

裏付けがとれてるわけじゃないから
これが事実とは言い切れないけど
これならかなりの部分で納得がいくと個人的には思っています。
スポンサーサイト
2014.09.19 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/2298-625acbc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->