この手の本ははっきりと好き嫌いが分かれそうな気がする。
今になって冷静に考えるととんでもないこと書いてあるしね。

「あなたの一押しの一冊はなんですか?」

印象に残ってると言えば「竜の柩」ですね。
読んでから20年近くたつのにいまだに内容覚えてる本ってのはあまりないです。
そのうちのひとつがこれ。
続編の「新・竜の柩」とか「霊の柩」とかは、いまいちだったんだけど
無印だけ読んだときは、本当におもしろかった。
続編なんか出さなければ本当に名作だったんじゃないかなと思う。
内容的にはライトノベルと普通の小説?の間くらいの感じだと思ってる。

イラストとかは皆無ですが
ライトノベルから卒業したいと思ってる人は、
最初に手を出すにはちょうどいいかもしれない。

まぁ、これ読んだ数年後にライトノベルにはまった人間が
言っても説得力がないですが。
なんというか今の首相みたいな感じで……。
スポンサーサイト



2010.03.11 Thu l トラックバックテーマ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://rzero.blog95.fc2.com/tb.php/234-050071a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-->