封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ありそうでない

    化かす側が主人公の話って
    あまり読んでないんだなということに気づいた。

    弥次喜多化かし道中

    狸と狐が旅をしながら
    行く先々で人を化かして人助けする。
    こういう話ってありそうでない感じがします。

    たぶん魔法少女ものをむりやり江戸時代でやろうとしたら
    設定的にこういうのができるんじゃないかなと……
    いやそれも違うか。

    化かす方法がまわりくどいのがなんだかなと思える。
    最初から化かせばいいのに
    人間のやり方で解決しようとしてるのがちょっと……。
    それで解決すればいいんだけど最後は結局って感じだからな。
    その辺だけちょっと微妙かな。
    それ以外はわりといい感じでした。
    もともとこの手の話は嫌いじゃないし……。
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]