封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    悪くはない。たぶん……。

    軽く表と裏を見せたという感じでしょうか?

    くちなわ剣風帖 (1) 蝦蟇と大蛇

    タイトルからして朽縄のほうが主人公なんだろうけど
    どう見ても釜口のほうが印象に残ってる。
    話が終始がま口視点で進むからなんだろうけど
    それにしても朽縄さんが霞みすぎな気がする。

    人斬り探して、試合に出すっていうだけの話
    そこにがま口の心理が折り重なって……。
    なるほどこれは、自己主張しない朽縄が霞むわけだ。
    決して悪くはないし、剣の腕の見せ方もいいと思うんだけど
    やっぱり主役っぽくないなという感じ。

    2015-4
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]