封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    ギリシャ問題の裏側というか本質というか

    よくよく考えるとギリシャ問題がギリシャ以外と一緒に
    報道されてるニュースって結構レアなのかも

    逆流するグローバリズム

    ギリシャの財政破綻時のIMFの異例の対応
    そしてそれが日本にどういう影響を与えるか
    今まで対岸の火事くらいの感覚で見てたものの
    見方をさらっと変えてくれる一冊ですね。

    同時にマスコミの適当さも実感させてもらいました。
    ニュースだけだとまさに対岸の火事くらいの扱いで
    どうでもいい中韓のニュースばかり大きく取り上げられてたりするから……。

    それにしてもギリシャ問題に対応するときの
    IMFってすごいことをしてたんだなとつくづく感じました。
    これが日本で話題にならなかったのがちょっと怖いところですね。
    実質的には、一番損するのかもしれないのに……。

    ついでに軽く触れられてたイギリスのAIIB参加の裏側も
    ちょっとだけ興味深いものがあった。
    これなら日本もとか考えそうになるが日本が問題視してるのは別のところなんだよな。

    2015-39
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]