封印区画

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    -

    聖剣が××を作るためのもので
    デュランダルの正体が××で
    と、いろいろ衝撃的な最終巻

    白銀のソードブレイカー (4) ―剣の絆、血の絆―

    そんなわけで読み終えました。
    今回は、VSデュランダルという感じで意外とシンプルですね。
    神の領域というより神そのもので
    今まで出てきた聖剣全部と対決してるみたいな感じでありながら
    そのどれとも違うというか
    あわせたがゆえに型がなくなったと考えるのが一番いいのか。
    戦闘については、そんなふうに考えてしまった。

    あとは、アイゼルネの正体がアレでアレとはああいう関係でとか
    聖剣が何のために作られたとかその辺はそういうことかと納得。
    最後はわりといい感じでしたし……。
    あれでヴァーちゃん生きてればな……。

    2015-41
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]