封印区画

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の記事

実験中

    検索フォーム

    月別アーカイブ

    06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  01  12  11  10  09  08 

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    あれ?たしか1巻でも……。

    国とは、いかなくても魔法が普及してる村なら
    1巻で出てたような気がするんだが気のせいか。

    ゼロから始める魔法の書 (4) ―黒竜島の魔姫―

    そんなわけで4巻目か。
    旅してる中で突如出てくる漂流してついた先は……。
    と書くとわりとありきたりなのだが
    旅してる中でこういうのが1,2回混じってるのは結構好き。
    これが常時となると少しくどいかなと思うようになった。

    そんなわけで竜の住む島でドラゴン退治する話。
    長々とやってるわりには、わりとさくっと倒したという印象。
    苦戦らしき苦戦は、いまいち見て取れなかった。
    王女が倒せなかった相手をゼロがあっさりというのは、
    ある種嫌味っぽいものすら感じた。
    前巻のような2転3転するのを期待するとあれっ?と感じるかな。

    そして消えたと思われてたサレナは、意外と近くにいたんだな。
    流れ的に当分サレナと追いかけっこになるんだろうか。
    あの方という存在だけ出てきてる人は、当分無視っぽい感じ。
    少し考えれば候補は絞り込めるんだけどね。

    あと、最後のほうの感情むき出しのゼロが結構いい感じでした。
    今まで、怒っていてもいまいちそんな感じがしなかっただけに……。

    2015-66
    スポンサーサイト

    comment

    管理者にだけメッセージを送る

    Pagetop ]